2010年06月03日

ファーブリカ(1)

ズドラーストヴィーチェ!(こんにちは!)

さて、「だれもしらないロシアン・ポップスの魅力」の記念すべき第1回目は、いまロシアでもっとも人気のある女性グループのひとつ、「ファーブリカ」という美女3人組のグループです。

「ファーブリカ」とは、英語で言えば「ファクトリー」。
つまり、「工場」とか「製造所」の意味。

その代表的なヒット作で、「ディエーブシキ・ファブリーチニエ」という曲。
これは、「工場で働く女の子」という意味です。

っとその前に、「ファーブリカ」のプロフィールをちょっとご紹介しておきましょう。

彼女たちは、「ファーブリカ・ズビョーズディ」(スター製造工場)という、ロシアのテレビで超人気の勝ち抜きオーディション番組で人気を博したグループのひとつです。
(日本でいえば、山口百恵や桜田淳子を生んだ、あの『スター誕生』ですね…。
あ、古すぎて知らない…あせあせ(飛び散る汗) 
いまでいえば、「爆笑オンエア・バトル」の音楽版といったところ)。

優勝は逃しましたが、2003年、見事プロデビューを果たし、これからご紹介するデビュー曲、「ディエーブシキ・ファブリーチニエ」が大ヒットして、あっという間にスターダムにのしあがっちゃったのです。

最初メンバーは4人でしたが、現在は、サティ・カザナーヴァちゃん(黒髪)、サーシャ・サヴェリーエヴァちゃん(ブロンド)、イリーナ・タニェーヴァちゃん(ブルネット)の3人で活動してます。

曲の内容ですが、だいたいこんな感じです。

 女の子たちが働いている工場の近くに、軍隊の基地があって、そこでは、夜遅くまで、
 若い男の兵隊たちが訓練をしているのが見えます。

 空に浮かぶ雲みたいに、まだ無邪気で純粋な女の子たち…。

 仕事のあいまにその様子を見て、「若い男の子って、なんてステキなのかしら!!」
 と、胸をときめかせます。

 でも恋なんて、すぐに形を変える雲みたいに不安定。だからたとえ知り合っても
 自分の恋は成就しないかもしれない…。

 いっぽうでそんな不安な気持ちをいだきながら、毎日毎晩、彼らと出会えることを、
 ひたすら夢見ている女の子たち…。




曲の内容をちょっと補足しましょう。
実はこの歌、旧ソ連時代の若い女の子の恋心を歌ったものなんですね。

1991年のソ連崩壊以前、ロシアは社会主義でしたから、いやおうなく、工場で働く若い女性がたくさんいたわけですね。

でも、若い女性(男も同じ)には、イデオロギーなんか関係なく、「異性と出会って恋したい、結婚して幸せになりたい!」という聖(性)なる生物的欲求は、当然のごとくあったわけです。

彼女たちは(おそらく)夜おそくまで一生懸命働いていたのでしょうが、いつも工場の窓を通して、川向こうにある軍隊の基地で訓練をしている若い男の子たちがいて、気になってしかたがないんですね。

時代やイデオロギーを越えた、万国共通の乙女心!

知り合う前から勝手にドキドキして、妄想がふくらんでいき…。
つまり、「リビドー」(あるいは、発情期)ってやつですね。

でもソビエト時代は、どんな職場で働いていても、男女の出会いの場所と機会を、国や会社がちゃんと作ってた。国家が「合コン」&「お見合い」を奨励していたわけです!

具体的には、仕事のあととか休みの日などに、職場にある部屋を使って、違う職場同士で、定期的に、会社主催で「合コン&ダンスパーティ」を開いていたんです。
うらやましいですね〜〜。

これは、個人レベルで婚活をしなければいけない日本で、消費税アップ以上に、早急に取り入れなければいけない国家的事業ではありませんか!

さて、次回は、「ファーブリカ」の代表曲第2弾をお届けします!
では!
(続く)



posted by クミートリー・ヤクーニン at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。