2010年06月24日

イワヌーシュキ・インターナショナル(1)

ズドラーストヴィーチェ!(こんにちは!)
カーク・ディラー?(ごきげんいかがですか?)

これまで、ロシアの代表的女性グループ「ファーブリカ」の曲を3曲ご紹介しましたが、今回は、いよいよ男性グループの登場です!

名前は、「イワヌーシュキ・インターナショナル」
うちの会社は、「シューエイシャ・インターナショナル」。(関係ない…。)

彼らは、1995年のデビュー以来、数年前までロシアで随一の人気を誇っていたグループで、
メンバー構成は、
純正ブロンドで甘いマスクの、アンドレイ・グレゴリエフ、
黒髪のマッチョ・タイプでモデル出身の、キリル・アンドレイエフ、
ちょっと不良っぽい無国籍少年風坊主頭くんの、イーゴリ・ソーリン、の3人組。
(「ファーブリカ」同様、彼らも外見といい雰囲気といい、タイプのまったく違う3人で構成されています。)

1995年にグループ・デビューを飾り、翌年、初アルバムをリリースすると、ロシアの若者(男も女も)に支持されて、あっという間に人気グループに。
その後も、次々に大ヒットを放ち、押しも押されぬロシアン・ポップス界のトップ・スターとなり、いまに至ります。

つまり、ロシアの、たのきんトリオ!…、
あ、あ、いや、ロシア版3人組SMAPといったところでしょうか。

ちなみに、「イワヌーシュキ」とは、「イワンくんたち」という意味。
前々回で、ロシア人の愛称について説明しましたが、かつてロシア男性にポピュラーだった名前のひとつが、「イワン」。

そう、ロシア文学の文豪トルストイの作にも「イワンのばか」というのがありますね。
で、イワンの愛称が、イワヌーシュカ。
イワヌーシュキというのは、この複数形になります。

つまり、グループ名は、「おれらは、インターナショナルなイワンくんたち!」という意味になります。

では、まずはデビュー当時の代表作のひとつ、「グジェー・タ」(どこかで)から。
好きになってしまった女の子への熱い思い。
でもそれが届かないことへの、つらく切ない気持ちを歌った歌です。
(ありましたね〜、若いころ、こんな時代が…。)

以下、歌詞の概略です。
ぼくはいつも夢見る…。
遠いどこかの美しい川岸。そこではいつも温かい風が吹いている。
ぼくたちはいっしょに花を摘む。夏の岸辺に残るふたりの足あと。
遠いどこかで、ぼくはきみといっしょ…。
ああ、でもきみはまだぼくを知らない。ぼくの気持ちに気づかない…。
きみは目を覚まし、窓を開ける。でもぼくのことが見えない…。
ああ、ぼくはこんなにすぐそばいるのに。


では、どうぞ!



ここでちょっとひと言。
先ほど、彼らはロシア版SMAP、といいましたが、ロシアの男性グループは、日本のように、派手なステージ衣装でビシーッッとそろえたり、凝った振り付けで揃って踊ったり、ということはあまりしません。

この「イワヌーシュキ・インターナショナル」に限らず、ステージで着る服はみんなバ〜ラバラ。踊りもけっこうバ〜ラバラ。

「イワヌーシュキ〜」のこのクリップでも、黒いノースリーブのわけのわかんない服を着たキリル(黒髪マッチョ)、Tシャツにジャージ・パンツ姿のアンドレイ(ブロンドくん。でも、これって家でぐだぐだごろごろしてるときの、完全ズヤズヤふだん着だろうが)、ロシアン・マフィア風黒革服姿のイーゴリ(坊主くん)と、みごとにバ〜ラバラ。

でも、歌う方も観客も、彼らロシア人はそんなことぜ〜んぜん気にしません。
逆に、衣装も振り付けも、「商品」として完ぺきにコーディネートされ、マーケティングしてプロデュースされる日本のグループを初めて見たロシア人は、まずびっくりしちゃいます。

ちなみに…、
ロシアの若者は、トランス系の音楽が大好きです。

――え、「トランス系」? って、それなーに?
ごく簡単に説明しますと、シンセサイザーそのまんまっぽい大音量の音と、単調なくり返しのビート(ドラム&ベース)を強調した、ディスコ系音楽のこと。
(ロシアでは、このトランス系ミュージックのことを、なぜか「すっぱい音楽」とよびます)

なので、この「グジェー・タ」も、ロシアの若者の好みを考慮して、わざとトランス系の味つけがされてます。

そして、ロシアの若い女の子は、とにかくディスコが大好きです。
地方でも、大きな街だと、何百人も入れるような巨大なディスコがあり、そこに高校生や20代前後の若い女の子がひしめくように集まってきます。
(8割ぐらいが女の子です!)

驚くのは、彼女たちのダンスがめちゃくちゃうまいこと!
そのレベルは、アメリカの女の子など比べものになりません。

日本のパラパラみたいに、グループでまったく同じような振り付けで踊ることは絶対ありません。
みんな、それぞれ好きなスタイルで勝手気ままに踊るのですが、髪をふりみだし、くるくる回ったり、体全身を使ってそれはそれは激しく踊ります。

そして、これがすっごくセクシー。
なぜなのかはわかりませんが、こういうところに民族のDNAが表れるんでしょうか。

もうひとつ、彼女たち、ロシアの若い女の子が大好きなのが、カラオケカラオケです。
どんなに地方の田舎町でも、(日本同様)簡単な軽食が食べられてお酒が飲めるような場所(たとえばスナックみたいなところ)は無数にあり、そこにはかならずカラオケがあります。
日本の文化は、ここまで浸透してるんですね〜。

ところで…、
ロシアでは、スーパーでも、コンビニでも薬屋さんでも、もちろんディスコやスナックでも、おうおうにして、日本や欧米のように、通りにひと目でそれ!とわかるような派手な看板がかかっていません。

つまり、あれはお店なのか? だとすれば、いったいどんなお店なのか? 
ロシア人以外にはわかりません。
だから外国の旅行者なんかだと、目的のお店を探すのがとにかく大変です。

なかには、何回も別の部屋の扉を開けて進んでいかないとたどりつけないようなケースがけっこうあって、知り合いのロシア人と一緒じゃないとちょっと緊張したりします。(汗)

では、次回も、「イワヌーシュキ・インターナショナル」の大ヒット曲をお届けしましょう!
(続く)


posted by クミートリー・ヤクーニン at 11:00 | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。