2010年08月20日

ヴィタス(2)

ズドラーストヴィーチェ!(こんにちは!)
カーク・ディラー?(ごきげんいかがですか!)

さてさて。
本ブログ、「だれも知らないロシアン・ポップスの魅力」の女性ファンのみなさ〜〜〜ん!
(って、いるのかな〜?)
はい! 今回は、イケメン・ヴィタスの第2回目です!

お届けする曲は、ヴィタスの記念すべきデビュー曲、「オペラ NO.2」
あれ? 前回のは「オペラ NO.1」だったのに、この「NO.2」のほうがデビュー曲? どうして??

…。私も知りません。(^0^)!

そんなことより、もちろんこの曲も、彼の特長である、あの超高音ボイスがしっかりフィーチャーされてます。まずは歌詞の内容を…。

やっと完成したぼくのアパートの部屋、
でも、ぼくはまだひとりぼっち。
ドアが背中でバタバタと音を立てる。
そして、秋風が窓を叩いて、ぼくのことを泣いている…。
夜の雷雨、朝の霧…。
日の光はすっかり冷たくなった。
むかしの哀しみが、次から次へとよみがえってくる。
ああ、どうせならまとめて来やがれ!
でも、これは運命なんだ。だから、ぼくにはどうにもならないんだ!
ただ、ぼくが消え去ったあと、
風が大声で嘆き悲しむだけ…。




ちょっとブッキーなシーンもあるクリップでしたが、「ひょっとして、ヴィタスの超高音ボイスは、彼のこの身体的な秘密にあったのか!」と思ったかた…、
せ、せ、正解で〜〜〜す!!(^0^)!
なわけ、ありませんね。
彼の首にあったエラは、単なる特殊効果でした…。

まさに、驚異的なファルセット・ボイスを駆使するイケメン・アーティストの衝撃的デビューに、国民はびっくり!
でも歌詞とクリップの内容から見ると、な〜んか、ロシアのアキバ系オタクの、内面吐露、トロトロ〜〜!みたいな内容ですが、これが、なぜか当時のロシアの若者(男女)に、爆発的に受けちゃったんですね〜〜〜!!

思うに、特にロシアの若者に共通の、行き場のない怒り! やるせない哀しみ! 満たされない望み! 報われない夢! 食べられないスシ! 買えないアルマーニ! 行きたくても行けないディズニーランド!(だれか、とめろ〜ッ!!)…。
こんなうっ積した「巨大な不満のマグマ」を、「魂の絶叫だあっっっ〜〜!」でもって代弁してくれるヴィタスに共感したんでしょうか…。
この曲の爆発的ヒットの背景には、当時のロシアの社会状況も密接に関係していたのかもしれません。

つまり、旧ソ連・社会主義の崩壊後、だれもが(特に若者が)、
「オレたちだって頑張れば、これからはアメリカみたいに、スゲー大金持ちになれるぞ〜〜!」
って夢見て、テンションとモチベーションが一気に上がったのに、実際は一部の特権的人間たち(そう。エリツィン一家とロシアの新興財閥ですね)にだけ、とんでもない「富」が集中してしまったのでした(なんと、国全体のお金の50%以上!)。
なんのことはない。以前とまったく変わらない、そしてチャンスさえ与えられずに貧しいままの自分たちがいる…。
ってことで、社会全体(モスクワから、シベリア、極東のロシア人まで)に相当な失望感と不満感が広がってたんだと思います。

ロシアは、結局、昔も(一党独裁の共産党、ソ連崩壊後の大統領エリツィン)、今も(首相のプーチン、大統領のメドヴェーデェフ)、富と権力が特権階級に集中する構造が変わってないのですね。
(なんてったって、ロシアは世界に冠たる「偉大なる田舎!」です。
おそらく、50年、いや100年たっても、この状況は変わらないでしょう…。(^0^)!)
う〜〜、ロシアのふつうの人たち、か、か、かわいそうですね〜〜〜〜!(涙ぼろぼろ)


さてここで、本ブログのなにより大切な女性ファンのために(だから、いねーって!)、今回は特別に、ヴィタスの魅力的な曲&クリップをもうひとつ、ご紹介しちゃいましょう!!

曲の題名は、「第七元素」です。(って、不思議なタイトルですね…。)
で、歌詞の内容は、いたってシンプル。

ぼくはこの歌をきみにささげるためにやってきた。
夢の世界から。
ぼくはこの歌をきみにささげるためにやってきた。
ガラスのような涙から。
ぼくはこの歌をきみにささげるためにやってきた。
愛のために…。


…ほとんどこれだけです…。
では!!


これは、2002年に、モスクワのクレムリン(赤の広場)にある、歴史と伝統を誇るクレムリン宮殿で行ったコンサートですが、ロシア、ポップス界史上、この会場でソロ・コンサートを開いたのは、弱冠21歳だった彼が最年少!
つまり、当時、彼の人気がいかにすごかったかを証明しているということなんですね〜〜。

そ、それにしても、すごいステージ衣装ですねぇ…。
いったい、なんなんでしょうか、このとんでもないロンドン・ブーツ! そしてパンタロン、というかベル・ボトム(←死語!?)!!
さすがに、ゆっくり歩かないとコケそうです…。
これって、おそらく、30年前以上のファッション・スタイルですよね。

デビュー当時、彼は必ず、この不可思議な衣装を着ていました。(おそらく、彼自身のデザインです)
でも、こんな超アナログ・スタイルが、なぜか超モダンに感じられてしまう、ヴィタスの超不思議なセンス!!(^0^)! わたしは、こんなヴィタスが大好きで〜〜す!

にしても、超高音で舌をころがして歌う場面はなかなかですね〜。
(会場のおばさんも、一瞬ゾクッときてましたね…!)
それと、彼のこけしのような頭の動かし方、くねくねした独特なからだの動き、意味深な流し目(!)はヴィタス独特のもので、実はこれがまた、ファンにはなぜか、たまらなく「超セクシ〜〜!」に感じられちゃうのです!

あと、ぜひ注目してほしいのは、イントロ部分や、曲の要所要所に登場して、エキゾチックなイスラム風のメロディを歌う、バックコーラスの黒髪女性の存在です。
(まさに、正当派イスラム系美人! おそらく、ロシアン南部のグルジアか、アゼルバイジャンか、モルドバあたり出身の女性でしょう。ここに住んでいる人たちは、民族的にはスラヴ系ではなく、大半のルーマニア人のように、おそらくインド系+ラテン系の血を引きついでいる「ロマ」と呼ばれている人たちです)

彼女が歌う鋭角的な旋律といい、タイミングといい、鋭いこぶしといい、ちょーイケてる!
って思いません??(思え〜〜!!)
わたしなどは、彼女が合いの手(?)を入れるたびに、もうからだがゾクゾクして、鳥肌が立ってしまうのです…!

ポップなメロディに異民族系の旋律を何気なく取りこんで、ちょっとスパイシーで独特の風合いに仕立ててしまうあたり…、
い、い、いいですね〜〜、ヴィタス! そしてロシアン・ポップス!!

…。

ところで…、

ヴィタスの最初の曲「オペラ NO.1」のクリップの真んなかあたりの間奏部分で、彼がさびしそうに裸の背を向けて、アコーディオンを弾く場面があったのを覚えてますか?
実は、これこそロシアン・ポップス独特な味つけなんですね〜。

え? なにが??

はい。
まずみなさんは、アコーディオンなんていうと、「古〜〜っ!」「ダサ〜〜っ!」と思うかもしれません。
でも、ロシアでは今もむかしも、アコーディオンは庶民にとって、もっともポピュラーな国民的楽器なんです。(画像リンク)

もちろん、むかしから、ギターも人気があります。
でも、アコーディオンにくらべたら、ギターの地位は、はるかに下です。

え? どうして??

はい。
アコーディオンは、まず、両手で弾けます!
まず、演奏者の左手側に小さなボタンがいくつもありますが、そのボタンをひとつ押すだけで、なんと和音が出てきます!!(ベースのような、低い単音が出るボタンもまじってます。)
そして、右手側はメロディー担当の鍵盤になります。(見りゃ、わかるわい!)
ちなみに、右手側は、丸いボタン式のものと、ピアノのような白黒の鍵盤のものの二種類あります。つまり、左手で和音とベースを弾き、右手でメロディーを弾くわけです。(もちろん右手でも、ピアノと同じように和音が出ます!)
こんなすごい楽器、ほかにはまずありません!!

え? なぜ??

だってまず第一に、出そうと思えば、一度にものすごい音の数が出せちゃいますから。
「んなの、ピアノだって同じじゃん」と思うかもしれませんが、ピアノは大きすぎて、持ち運びができません!(熊みたいなロシア男なら、ひょいひょい運んじゃうかもしれませんが…。)
しかも、値段が高すぎて、庶民には手が出ません。
その点、アコーディオンはどこにでも持っていけます。そして、値段もピアノにくらべたら、激安!です。

もちろん、電源なんか必要ありません。
ということは、室内はもちろん、野原でも、海辺でも、公園でも、森の中でも、飛行機の中でも、車の中でも、電車の中でも、トイレでも、入院中のベッドでも、山の頂上でも、峠の茶屋でも、立ち飲み屋でも、ラーメン屋でも、銀座のクラブでも、池袋のキャバクラでも、六本木の高級レストランでも、神保町を歩きながらでも、皇居のまわりを走りながらでも、箱根で駅伝しながらでも、ニューヨークでフルマラソンしながらでも、(と、とめろ〜〜っ!!)、もう場所を問わず、弾きたい!と思ったら、どこでも弾けちゃうわけですね〜〜!!

なにが言いたいかというと、形と用途こそ全然ちがいますが、ケータイの便利さとまったく同じなんですね。
な、なんと、ピアノ、いやオーケストラなみの音の世界がケータイできちゃうんですから!!(ポケットには入りませんが…。)
す、す、すごいですね〜〜〜、アコーディオン!!

そしてロシア人は、どこか哀愁をおびた、どこか郷愁をさそう、このアコーディオンの音色が大好きなんです。

ちなみに、アコーディオンは、ロシアでは「ガルモーニ」といいます。

ロシア人は、家族、親戚、友人の誕生日はもちろん、とにかく、なにかにつけてしょっちゅう家に人を呼んで、ホーム・パーティをするのが大好きです。
(ロシア人は、まずほとんどレストランで集まってパーティなんかしません。費用はかかるし、なにより、サービスが悪い、メシがまずい! 家庭料理のほうが断然おいしいですから! 一般人がレストランを利用するのは、さすがに家ではスペースが足りない結婚式のときぐらいです。)

そんなとき、必ずといっていいほど、招待した親戚、友人のなかになぜかひとりは、ガルモーニを弾ける達人がいたりします。(もちろん、彼はこっそりガルモーニを持参してます。)
それぐらい、ロシア人にとっては、(いまでも!)ガルモーニが大切な生活必需品なんですね。

で、ロシア人は歌が大好きですから、男はウオッカ、女性はワインやコニャックを飲んでほろ酔い気分になっていくうちに(宴が始まってからだいたい30分後ぐらいで)、だれとはなく、「さ〜て、同志諸君! そろそろみんなで歌を歌おうじゃないか!!」と言い出して、それから延々と、あの大昔の「新宿歌舞伎町裏通り歌声喫茶」状況が続くことになります。(そんな昔、知らんわ!)

すると、それまでただのメンバーの一員、あるいは、ただの飲んべえのひとりだった、隠れガルモーニの達人が、いちやく主役に躍り出ることになります!
驚くのは、その彼が、みんなが歌いたがる歌のほとんどを、ちゃんと演奏できることなんですね!
つまり、生バンドのカラオケ、日本でいえば、今はなつかしい、ギター一本で勝負する「流し」のおじさんみたいな感じでしょうか。

では、そんなロシアの、ふつーのホーム・パーティの様子をちょっとのぞいてみましょう!


あいかわらず、男どもはがんがん飲んでますね〜〜、ウオッカ!
女性陣は、以前お話しした通り、一応、ワインで抑えております。
お酒にガルモーニと歌が加わって、メンバーのテンションが一気に上がっていくのが、よ〜〜くわかりますねぇ〜!

ダンスを始めた酔っぱらいのおじいちゃん、赤ちゃんを振り落としそうです!
うしろで、おばあちゃん、「あんた、いいかげんにしなさいってば!」と背中をバシバシたたいてます。
いったい、このハイテンションになってしまった酒宴は、このあとどうなっていくんでしょうか…?
こ、こ、こわいですねぇ〜〜! ロシアのホーム・パーティ…。

ちなみに、このガルモーニには大きさもいろいろあって、一番小さいタイプのとってもかわいいものは、「ガルモーシュカ」といいます。
(はい、そうですね。以前ご説明した、ロシア人の名前の愛称のように、愛らしいもの(あるいは、小さいもの)には、単語の語尾に、なんでも「〜シュカ」をつけちゃいます。)

とにかく、ロシアではどの家庭に必ず一台はあるような国民的な楽器なので、子どもは、小さいころから、おじいちゃんが弾くのにあわせて歌をうたい、おとうさんが弾くのにあわせてダンスをし、自然に自分で弾きはじめちゃう子も多いんですね。

では、日本でもいまだに森林火災が起きそうなくらい「クソ暑い!!」日が続いてますので、ここは暑中見舞いということで(意味不明…)、まだ幼い女の子がガルモーシュカを演奏する、とっても愛らしいクリップを特別にご紹介しちゃいましょう!

ちなみに、彼女が歌うのは、「チャストゥーシュキ」という、昔から歌いつがれてきた、ロシアのわらべ唄みたいなもの。とても短くて、ユーモラスな内容なのが特徴です。

ではどうぞ!! → 画像はこちら

か、か、かわい〜〜〜〜〜ですねぇ、ロシアの女の子!!
もう、眼が真っ青!
歯もまだぜ〜んぶ乳歯です。(こまかい…)
しかも、イスにすわったちっちゃな足が、なんと地面に届かないで、ぶ〜らぶらしてます。(^0^)!
(この状況でリズムをキープするのは、おそらくプロでも至難のわざでしょう!)
にもかかわらず、この左手(和音とベース担当)のみごとな動き!!
す、すごいですね〜〜〜、ロシアの女の子!

この女の子みたいに、ガルモーシュカを弾く子どもは、いまでもロシア中にたくさんいて、広いロシアに無数にある、すばらしいロシア民謡を自然に受けついでるんですね。

ま、この「ロシア人とガルモーニ」というテーマだけで、ゆうに10回分くらいブログが書けちゃうので、いずれまた折りを見てご紹介したいと思います。

というわけで、今回はひさびさに音楽一本に的をしぼり、盛りだくさんの内容でお届けしました!

ではどうか、ぜひまた本ブログにお越しくださいexclamation×2

ダスビダーニヤ〜〜!(さようなら〜〜〜〜!)
(続く)



posted by クミートリー・ヤクーニン at 17:27 | Comment(2) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このコラムで、ガルモーニ(アコーディオン)がロシアの音楽に多用されている謎が解けました。民謡的、シャンソン的演出、というよりは、もともと国民的楽器だったのですね!
メイン旋律しかできないバイオリン・持ち運び不可能なピアノ・音域が狭くて弾きながら歌うのが不可能なハーモニカ・笛系統と比較して、伴奏もメイン旋律もできるアコーディオンは、ギター同様の位置づけなのでしょうか。

ところで、ホームパーティーの動画に注目してしまいました。最初の曲は「恋のバカンス」では?日本発のポップスがロシアで国民的支持を得る例もあるのだと、嬉しく思いました。ロシアで忘れられていた「一週間の歌」→シベリアから帰還した日本人が日本で広める→ダークダックスのロシア公演で復権、みたいな話も聞いたことがあります。

余談ですが、同曲を作曲した宮川氏が音楽を手がけた宇宙戦艦ヤマトも、ロシアで人気があるそうです。登場人物の名前も「スターシャ」とか「サーシャ」とか「イスカンダル」とか、馴染み深そうです。ヤマトの音楽がロシア人フィギュアスケートの試合で使われたこともあったとか。
今回のコラムも、大変興味深く、楽しい気分になりました。
Posted by 石川了 at 2011年03月01日 17:47
ドーブラヤ・ウートラ!(こんばんは!) 石川さま

またも、素晴らしいコメントを書き込んでいただき、ありがとうございます!
お礼が大変遅くなって、申し訳ございません。

私の稚拙な説明でも、ロシアとロシア音楽で、いかにガルモーニ(ロシアのアコーディオン)が必要不可欠なものかをご理解いただけて、とてもうれしく思います。

ちなみに、ロシアのテレビ番組に、「イグラーイ ガルモーニ!」(さあ、ガルモーニを弾こうよ!)という超長寿番組があります。
いってみれば、NHKがやりそうな「全国津々浦々お国自慢の民謡めぐり!!」みたいな番組で、広大なロシアの大地のすみずみまで旅して、ガルモーニを愛する人々を訪ね、その演奏を紹介する番組です。

もしご興味があれば、YouTubeで、”Играй, гармонь”で検索していただければ、その番組のいくつかを見れますので、ぜひご覧になってください。

ロシアの田舎の人たちの、ガルモーニに対する深〜〜い愛情、それだけでなく、彼らの素朴であったか〜い人柄や生活ぶりが、とてもよくわかって、とても親しみが湧いてくると思います。

そして、ロシアのホームパーティ映像に注目していただいてありがとうございます。
さすが、鋭いですね!
ご指摘の通り、最初に男性が弾いたのは、なんと! 日本が誇るザ・ピーナツの大ヒット曲「恋のバカンス」であります!

実は、このホームパーティの映像は、私のロシアの知人宅で、私自身がビデオで撮ったものなのですが、鋭い石川さま同様、鋭い私もすぐに「あれ? これ、ザ・ピーナツの曲じゃん!」と気づいて、あとで彼らに、「いや〜〜、びっくりしました! 日本の曲がロシアでこんなにポピュラーだったなんて!」と言ったら、「え? ウソ! これ、ロシアの曲だぜ!」。

彼らは、「ザ・ピーナツ」のことも、曲名が「恋のバカンス」ということもまったく知らなかったのでした…。(あたりまえか…。)

にしても、石川さまご指摘の通り、この「恋のバカンス」は、ロシア人で知らない人はいないくらい、ロシア国内(旧ソビエト時代ですが)で大ヒットした曲です。

ま、加藤登紀子さんが歌って日本で大ヒットした、あの「百万本のバラ」だって、ロシアン・ポップスの名曲だってことは、ほとんどの日本人は知らないのですから、お互い様ですかね…。

別の見方をすれば、こういった一例を見ると、やっぱり日本とロシアの音楽には、どこか非常に大きな共通点があるのだと思って、なんだかとてもうれしくなります。

北方領土問題を中心に、最近特に、日本とロシアの関係がぎくしゃくしていますが、それは今も変わらず権威主義的なロシアの政府(プーチンさんとメデベーデェバさん)と、超おバカ外交しかできない民主党(特に、管さん、前原さん)のあいだの問題であって、フツーの一般ロシア人には、そんなことなんか全然関係なく、いまだに、日本と日本人(そして、日本製品!)が大好きなんですね。
(おそらく、世界で最も日本と日本人を心から尊敬しているのは、ロシア人だと思います。)

そんな、素敵なロシア人たちのためにも、もっともっとロシアン・ポップスを通じて、彼らの本当の姿を紹介していきたいと思っています。

今後とも、ご協力のほど、ぜひともお願いいたします!!
Posted by クミートリー・ヤクーニン at 2011年03月05日 03:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

5.5オクターブ王子〜ヴィタス VITAS
Excerpt: 以前、誰かが勝手にコブラの動画にロシアンポップスを合わせてるのを見つけて 意外にもというか、むしろしっくりハマり過ぎてる事に感動して このブログに書き綴ったことがありました。↓ 第二外国語で..
Weblog: ひみつの花柄
Tracked: 2010-08-29 20:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。